新着情報

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」64

県や市から新型コロナウイルスの対策として休業要請が学習塾も対象に入っていますが、この要請はお願いであって強制ではありません。
大規模の塾ではかなり強い休業要請が出ていますが、私のような小さな塾の延べ面積30坪以下くらいの教室は、衛生面に十分考慮して対応するように、との事でした。
ですから私もコロナが気になりながら、来る生徒が多い場合は教室を開けていましたが、各県に非常事態宣言が発令されて、コロナが原因による有名人などが亡くなり始めると、保護者の考え方が変わってきたのです。
チケット制ですから生徒個人の自由裁量で通塾してもらい休んでも良い状態にしていましたが、だんだんコロナが心配だからとか怖いと言って、休む生徒が多くなり始めたのです。
私自身はそれでも塾に来て勉強したいという生徒がいれば、衛生面に十分配慮して塾を開け続けようとも思いましたが、そういう考えは独りよがりで、大変危険な考え方だとわかったのです。

 

行政やマスコミは「家に居よう」と盛んに告知しています。
やはりそれには理由があるのですね、人がいるところでコロナのウイルスをもらってくる危険以上に、自らがそのウイルスを元気な人に撒き散らかせる危険もあるのです。
塾長が感染者になったり、万一塾がクラスター源になったりすると、その塾生命はおしまいでしょう。
そしてそんな我がままな考えで、ただでさえ忙しく命を張って働いてくれている医療従事者に、私が病気になって迷惑をかけたくないとも思いました。

 

国からの持続化給付金などもありますから、今は我慢して休業要請に従いましょう。

 

To be continued・・・

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ