塾経営支援情報

小田原健一先生の情熱の個別セミナー34

小田原 健一(おだわら けんいち) <経歴>  神戸の中堅塾の個別指導部門の責任者を務める。 生徒数を18名から281名まで伸ばす。 不振校舎の業績改善においては、年度当初69人の生徒を半年で181 …続きを読む

2019 年 9月 13日

森智勝先生の「地域1番塾への道」vol.64

「地域1番塾への道」2019.7月号-説得力(コピーライティング)№1の塾を目指して④  パラダイムシフトという言葉をご存知でしょうか。    パラダイムシフト=ある時代・集団を支配する考え方が、非連続的・劇的 …続きを読む

2019 年 9月 13日

代表酒井秀樹の「今、こう思う」8

酒井 秀樹(さかい ひでき) <プロフィール> 株式会社 名大SKY 代表取締役社長 有限会社 アンイングリッシュクラブ 代表取締役社長 一般社団法人 ちいさな成功体験推進協会 代表理事 その他団体の役員を歴 …続きを読む

2019 年 9月 10日

代表酒井秀樹の「今、こう思う」7

酒井 秀樹(さかい ひでき) <プロフィール> 株式会社 名大SKY 代表取締役社長 有限会社 アンイングリッシュクラブ 代表取締役社長 一般社団法人 ちいさな成功体験推進協会 代表理事 その他団体の役員を歴 …続きを読む

2019 年 9月 3日

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」56

  猛暑と大雨が印象深い8月がやっと終わり9月の新学期を迎えました。でもこんな表現は、もう公立学校でも通用しなくなっています。高知市の公立中学校は8/28に始まっており、県立高校は早いところで8/21から2学期が始まって …続きを読む

2019 年 8月 29日

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」55

   塾にとって8月は営業面で考えれば書入れ時です。普段は夕方から夜10時ごろまでの6時間くらいの営業時間が、朝9時ごろから夜の10時ごろまで約一か月間可能になるのですから、売り上げは倍近くにはなる計算です。塾 …続きを読む

2019 年 7月 31日

森智勝先生の「地域1番塾への道」vol.63

「地域1番塾への道」2019.7月号-説得力(コピーライティング)№1の塾を目指して④ 前回に続き、講習案内についてお話します。   定型の案内では「あいて(保護者)の心に刺さらない」という話をしています。その …続きを読む

2019 年 7月 23日

小田原健一先生の情熱の個別セミナー33

小田原 健一(おだわら けんいち) <経歴>  神戸の中堅塾の個別指導部門の責任者を務める。 生徒数を18名から281名まで伸ばす。 不振校舎の業績改善においては、年度当初69人の生徒を半年で181 …続きを読む

2019 年 7月 2日

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」54

  7月は一学期の期末試験が6月いっぱいで早々に終わり、生徒の結果次第では夏期講座で頑張ってもらわなければならず、塾にとっては大変大切な夏期講座が始まる時期でもあります。半ば強制的に夏期講座を受講させる塾がある反面、入塾 …続きを読む

2019 年 6月 28日

森智勝先生の「地域1番塾への道」vol.62

「地域1番塾への道」2019.5月号-説得力(コピーライティング)№1の塾を目指して③ ただ単に情報を伝えるだけならインフォメーションです。しかし塾が提供する文章はコミュニケーションでなければなりません。コミュニケーショ …続きを読む

2019 年 6月 18日

代表酒井秀樹の「今、こう思う」6/18号外

酒井 秀樹(さかい ひでき) <プロフィール> 株式会社 名大SKY 代表取締役社長 有限会社 アンイングリッシュクラブ 代表取締役社長 一般社団法人 ちいさな成功体験推進協会 代表理事 その他団体の役員を歴 …続きを読む

2019 年 6月 18日

小田原健一先生の情熱の個別セミナー32

小田原 健一(おだわら けんいち) <経歴>  神戸の中堅塾の個別指導部門の責任者を務める。 生徒数を18名から281名まで伸ばす。 不振校舎の業績改善においては、年度当初69人の生徒を半年で181 …続きを読む

2019 年 6月 4日

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」53

 6月というのは塾にとっても微妙な時期です。春に入った新入生が新学年で初めての定期試験を受けて、その結果に私たちは今後の指導法を生徒別に考え、来月の期末試験に少しでも良い結果をもたらそうと、再び気分を新たにする時期でもあ …続きを読む

2019 年 5月 31日

小田原健一先生の情熱の個別セミナー31

小田原 健一(おだわら けんいち) <経歴>  神戸の中堅塾の個別指導部門の責任者を務める。 生徒数を18名から281名まで伸ばす。 不振校舎の業績改善においては、年度当初69人の生徒を半年で181 …続きを読む

2019 年 5月 7日

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」52

 毎年5月は2月から3月に掛けて卒塾などで減った塾生の穴埋めが、折り込みチラシやポスティングをしても思うようにはできずに、苦しい時期を過ごす頃ではないかと思います。特に今年は10連休とかあって、その対応に苦慮されている塾 …続きを読む

2019 年 4月 26日

森智勝先生の「地域1番塾への道」vol.61

「地域1番塾への道」2019.3月号-説得力(コピーライティング)№1の塾を目指して①  説得と納得は対語です。人は納得してはじめて行動に出ますし、納得して行動 しなければ効果がありません。    スポーツの世 …続きを読む

2019 年 4月 9日

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」51

 早いもので3月の年度末が終わり、4月新年度が始まりました。新年度の入試結果はいかがでしたでしょうか、おかげさまで当塾は高校・大学入試において、今年も全員第一志望校に合格いたしました。何年連続でしょうか、10年以上は続い …続きを読む

2019 年 4月 1日

小田原健一先生の情熱の個別セミナー30

小田原 健一(おだわら けんいち) <経歴>  神戸の中堅塾の個別指導部門の責任者を務める。 生徒数を18名から281名まで伸ばす。 不振校舎の業績改善においては、年度当初69人の生徒を半年で181 …続きを読む

2019 年 4月 1日

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」50

早いものでもう3月そして、このコラムも今月で50号を迎えます。この年度末にこのような記念号を迎え、なにか気の利いたお話しでもできればいいのですが、塾業界は年末にあたり4月からの新年度に向けて、最後に控えた公立高校の入試で …続きを読む

2019 年 3月 1日

小田原健一先生の情熱の個別セミナー29

小田原 健一(おだわら けんいち) <経歴>  神戸の中堅塾の個別指導部門の責任者を務める。 生徒数を18名から281名まで伸ばす。 不振校舎の業績改善においては、年度当初69人の生徒を半年で181 …続きを読む

2019 年 3月 1日

1 2 3 ... 9

このページの先頭へ