小笠原先生の明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって

小笠原先生のコラム

小笠原先生 小笠原 隆政(おがさわら たかまさ) <プロフィール>
塾ミシガン高知 代表
・1985年 米国ミシガン大学の語学理論を用いた英語・英会話教室を開設
不変の語学理論(聴・話・読・書)の応用実践教育を展開
学習時間が自由に選べてキャンセル、変更が自由にできるチケット制を導入
・2004年 英語教室では大変成果があがり、多くの方に切望されていた総合塾に改編
パソコン教材も導入し、他の科目も語学理論に沿って立体的に応用指導
・2015年 教室創立30周年名大SKY連載コラム「明日の空に向かって」の執筆開始
教室が英語の四技能を測れるCBT検定の「GTEC」検定会場に認定される
大きな塾よりは自分の目の届く範囲での直接指導塾にこだわって経営している

 
 毎年5月は2月から3月に掛けて卒塾などで減った塾生の穴埋めが、折り込みチラシやポスティングをしても思うようにはできずに、苦しい時期を過ごす頃ではないかと思います。特に今年は10連休とかあって、その対応に苦慮されている塾もおありのようです。全部閉めるわけにもいかず、かといって全部開けるのも塾長も家族がおありでしょうから、できないと思います。大手塾で中学受験塾で全部開けるところもあれば、大半は閉めるようにも聞きました。そうでもしないと益々その塾の講師は集まらないでしょうし、その10日分の授業料は安くなるのでしょうか、大変気になります。私の塾はチケット制ですから来た分だけの授業料です。連休中すべて開ける塾は、世間や家族などを気にしない方針の塾なのでしょう。でも社会的にプラスに働くのでしょうか・・・。

 

 地方においても大手FC塾がどんどん進出してきて、大資本の力をまざまざと見せつけるような折り込みチラシの数に、いささか気分的にも翻弄されそうにもなりますが、チラシには目玉の一番安い、その塾のコース料金を出すものだと私は思っていましたが、大手は税別で4万円近い値段をチラシに提示して生徒を集めるのですから、その塾に申し込む方もそれなりの余裕のある人たちで、私が考えている地元の生徒層とはかなり違うのかもしれません。

 

 私は塾を一人ですべての役をこなし続けて、今年で丸34年になりました。いろいろな方に助けていただき、今まで続けられてきました。教室に体験に来られて皆さんは一様に、一般的な塾のイメージとはかなりかけ離れた教室のレイアウトから、新しいタイプの塾のイメージを持ってもらえているようです。

 

 また私は外見や頭髪にも、できるだけ依然と変わらぬイメージを保つ努力をしています。ここ数十年ほど体重もほとんど変わっていませんし、頭髪やスキンケアーにも日頃から気を配っています。決しておしゃれではありませんが、10年前の服がまだ着られますし、同じような服を改めてそろえていますから、当時卒塾した保護者に近所で出会っても、「小笠原先生は全く変わりませんね!」と言っていただきます。さらに昨今の女子生徒は、講師の髭の濃さや体臭に特に敏感でデオドラントは必須です。

 

 そう意識するには理由もありますし、私の美学でもあります。毎年どんどん塾の生徒や保護者は若くなってゆきます。当たり前の事ですが、塾生の保護者にしてみれば、塾長は元気が一番なのですね、そして彼らは講師に若さを求めさらに、知性と教養と包容力に満ちた人間性をも求めるのです。しかし、親によっては彼らの自尊心も認めて、評価もしなければいけませんから、なかなか個人個人にはむつかしくて、塾長には忍耐力も必要でしょう。

 
 お金の事はそれはそれは一番はっきりさせていますし、塾ではタブーの一度いただいた授業料の返金にも、要求があれば即応じています。

 
 逆に授業料の未納などには厳しく対応しており、遅納段階で厳しく出席を制限いたします。そして約束やルールを何度も守らない生徒には、教室内でも叱ります。こんな事の積み重ねで私は35年目も塾経営を続けています。

 

To be continued・・・

このページの先頭へ