新着情報

小笠原先生の「明日の空(Tomorrow’s sky)に向かって」73

2月です、今年から始まった大学入試共通テストも1月に無事終わり、大学受験の塾生はそれぞれの2次試験に向かって頑張っている。eduplus+おかげで普通の学習塾の経営が今はできて主要科目を小中高校生に、そして一般社会人には英語を指導しているが、以前は20年ほど英語専門の教室をやっていて英語の発音をいかに日本人がきれいにそして、正確に発音し話せるようになるための基本的な方法の研究実践していた。その経験から今回コロナウイルスの世界的拡大の一因を言語地理学的に考えてみたのである。

英語には日本語にない無声音の発音があり、特に母音言語発音に慣れている日本人には難しく聞こえにくい音である。無声音だから当然声にはなっていなくて、息を強く出しながら子音を発音する息の破裂音だから、我々日本人には慣れないうちは全く聞こえず理解できない。英語ではp、t、s、c、kとかが代表的な音であるが、これらの音を発音するときに多くの息を英語は必要とするから、あまり息を必要としない日本語を話す我々よりも英語を話す民族は、飛沫感染が多く発生しコロナ患者が多いのかもしれないと私は考えるのだ。

そう考えると決して少なくはないが、我が国のコロナ感染者が欧米よりも格段に少ないのは、言語による特徴的な飛沫感染が少ないからだとも思える。他の言語の発音特徴はよく分からないが、日本語より息を使う発音が多いのではないだろうか。しかしコロナウイルスの飛沫感染は空気感染にも似ているようなので、その予防には部屋の空気の循環を励行し必ずマスクをして大きな声では話さない、そして手洗いや施設の消毒の励行がやはり最善の策のようであるから、我々が大切にしている研修後の懇親会は、もう少し我慢しなければならないようだ。

数年前に医師から今のままでは、運動不足から成人病が近い将来心配されると指摘を受けて、週に2回の運動日と週に2回の休肝日を作ったのであった。運動日には午前中に市民プールに行き、ゆっくり泳いだり水中を歩いたりしていたが逆に終わった後大変疲れてしまい、授業がきついので翌月からは近所の山歩きを始めた。少し傾斜があるその小山のドライブウエイを片道20分往復40分、歩きながらいろいろ思考するのである。生徒には週2回塾に来るだけでは成績は上がらないから、塾に来ない日は自宅で学習するように指導しているのに、週2回しか運動しない自分が、塾講師としてはいけないように思えてきたのであった。だから週6日に変えて風雨の日も寒波や熱波の日も、休まず歩くようにした。真夏は汗だくになるが心地よく、体も締まり体重も落ちてきた。

それから約2年、春夏秋冬日曜日以外歩き続けている。最近は登山用の階段を駆け上がる事もありその階段で腕立て伏せもして、長年の肩こりがうそのように消えた。塾講師には健康が一番大切だとの自覚のもとに、ストイック(禁欲的)な気持ちでこれからも塾経営を続けてゆく所存である。

To be continued・・・

次の記事 

前の記事 

このページの先頭へ